補償を手厚く

自営業など仕事で自家用車を使用することが多い場合、車を運転する機会も、運転する時間も、一般の人に比べてはるかに多くなります。このことはすなわち、交通事故に遭遇する可能性が通常よりも高くなるということになりますので、自動車保険についても補償を手厚くしておく必要があります。

 
また注意しなければいけないのは保険の内容ばかりではありません。自動車保険は契約時に使用目的を確認するのが一般的ですが、この使用目的が業務使用になっていない場合は保険金が支払われなくなる可能性があるのです。特にすでに自動車保険に加入している状態で、途中から自家用車を仕事に使用し始めている場合は、速やかに保険会社に対してその旨を申告しなければいけません。日常やレジャーなどでの使用と、仕事など業務で使用する場合では、自己のリスクも異なるので保険料も違いがでます。したがって使用目的が異なった状態のままでは、いざという時に告知義務違反や通知義務違反に問われてしまうのです。

 
また会社によって自動車の利用規約が定められている場合は、事故が起きた場合の保険の取り扱いや修理費用について詳細に決められていることがありますので、事前にしっかり確認しておく必要があります。