自動車保険の使用用途

自動車保険には使用用途によって保険金が支払われない場合があります。

 

ただそれは一定の使用目的に使うと保険金が支払われないという場合ではありません。

 

業務用に使っているのに、家庭用と偽るようなケースの場合です。

 

自動車保険は、業務用と家庭用で、支払金額が違います。

 

それだけ走行距離も違います。段違いの営業に使った車の方が走行距離が高いでしょう。
 

走行距離が高いという事は、事故に遭う確率も高くなっているということになりまさす。

 

そうした約款をよく読まずに契約をしてしまうとせっかく自動車保険に入って保険料を納め続けていても、いざという時に保険が下りないケースがあります。

 

自動車保険には嘘の記述をした場合、契約を破棄できるという記述が必ずなされています。

それに該当するとして保険契約を破棄されてしまって、保険金が支払われないケースがあるのです。

 

自動車保険は細部までしっかり読んで、そして正しい記入をしましょう。

ばれないだろうと思って嘘の記述をすると、後で厳正な調査のもと、支払われないといった状況になります。

 

自動車保険会社を甘く見ない方がいいでしょう。

 

使用目的をはっきりと記入して、そのプランに沿った自動車保険に入ることが大切です。