仕事で自家用車を使用する場合

仕事で自家用車を使用するということもあるかと思います。

 

主に営業職に就いている人はそうしたことになりやすいかと思います。

 

しかし、それはかなり悪い方向へ進んでいます。

何故ならば、仕事で自動車を使う場合は、全て営業用の車となり、通常の保険では保険の対象外であることが多いからです。

ちなみに通勤などに使う場合は、営業用とはなりません。あくまでも会社へ向かっている、もしくは自宅に向かっていくために使うものであって、業務で使っているわけではないからです。

 

しかし、業務として車を使ってしまっている場合には、営業用の自動車となります。

こうした場合、しっかりと自動車保険対策を行っておく必要があるでしょう。

家庭用の自動車保険と、業務用の自動車保険は、自動車保険として別個にわけられています。

そうした場合、きちんと業務用の自動車保険に入っておくことが必要になります。

営業職の人は自分の車を使わされて営業に出かける事も多いのではないでしょうか。

そうした際に忘れがちなのが、この業務用自動車保険の対策です。

それをしていないと無保険で車を乗っているのと、同じようなものとなっています。

かなり危険な状態で運転をしていることになるのです。