未分類

自動車保険において優遇されるというのはどういうことでしょうか。

 

それは自動車保険には等級という概念があり、それが高い状態のことを言います。

 

最初は6から始まり最大20、最少1となり、数字が大きいほど割引率が適応されることになります。

 

これが優遇される場合があります。それは、ゴールド免許を取っている時です。

 

ゴールド免許を持っていれば最初に6から始まるのが7から始めることができたりました。

 

また、元々他の会社でかなり高い数字を持っていればそれを受け継ぐこともできます。

 

このように自動車保険を入る時に待遇が良くなる方法は沢山あります。

 

一番待遇されるのは無事故でいるということです。

 

そうすれば自動車保険の数字がどんどんと上がっていきます。

 

つまり、6だったものが年々上がっていくことになっていくのです。

 

そうした努力によって人は自動車保険としても成長していきます。

 

運転技術を上げるのはもちろん、確認作業などを行うのをしっかり忘れず、自動車保険として成長できるような運転を行ってください。

 

待遇が良くなって入るのもいいですが、まずは待遇をよくするために、自分の持っている数字を大きくしていくことが必要となっていくのです。

友人の車が、家族限定保険や本人限定保険ではない場合、友人の任意保険を使用することもできるでしょうが、そうなれば、友人の保険の等級をダウンさせ、友人の保険料が上がってしまうことになり、大変気まずくなります。

 

 

そうならない為にも、ご自身で加入している任意保険の特約を一度確認してみましょう。

 

 

特約のなかに、他車運転危険補償特約があれば、ご自身の保険でカバーすることができます。他車運転危険補償特約とは、加入者本人が、自家用8車種に限り、他の車を一時的に運転していた際に起こしてしまったものを補償してくれる特約になります。この特約があれば、ご自身の保険を使用することになりますので、友人の等級をダウンさせずに済みます。

 

 

あなたが仮に、逆の立場として、保険を使わず、困り果てた友人に自腹で払ってくれとはなかなか言えないでしょうし、保険料が上がるのに腹立たしさを感じながらも、泣く泣く保険を使って処理することでしょう。

 

 

つまりは、あなたが友人の車を借りる際には、万一の事態も想定して借りた相手に迷惑がかからないよう、あらかじめ特約を確認しておく必要があります。

長距離ドライブなどの際に、友人と運転を変わらなければならない場面を経験したことはないでしょうか。

 

 

その時、友人の車が家族限定の保険だから、万一に備えて運転は変わらないといったケースも多いかと思います。それでは、ずっとハンドルを握らなければならない車の持ち主はかわいそうではないでしょうか。

 

 

友人と交代で運転することができれば、友人ひとりが疲れることもなく楽しいドライブになるはずです。

 

 

このような場合、しっかり保険の内容を把握していれば、友人の車を借りて運転することができます。

 

 

万一、あなたが友人の車で事故を起こしてしまった場合、友人の自賠責保険から、ひとりにつき死亡なら3000万円、後遺障害なら4000万円、傷害なら120万円までの補償が受けられます。物損事故には適用されず、人身事故でも補償額は最低限のため注意が必要です。

 

 

また、ご自身が加入している任意保険の特約の中に他車運転危険補償特約がある場合は、自家用8車種に限り、臨時で他の車を運転していた際に起きた事故を補償してくれるものがありますので、ご自身の任意保険の特約を一度確認してみましょう。そうすれば友人の車を借りて運転する場合でも安心して運転することができます。

自分の車は持っていないけど、他人の車を運転する機会が多い。そのような状況にある人に適している自動車保険がドライバー保険です。

 
車を運転している以上、どんなに安全運転を心掛けていても思わぬ事故に巻き込まれる可能性は誰にでもあります。車の所有者が自動車保険へ加入していればその保険が適用されますが、そうなると保険料の支払額が高くなり所有者に迷惑をかけてしまいかねません。また加入している保険の条件によっては、保険金の支払いができない場合も考えられます。そのような事態に備えるためにも、車を運転する機会があるのなら自己名義の保険に加入している必要があるのです。

 
このタイプの自動車保険へは運転免許を持っていれば加入することができます。補償内容も対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害と、車を運転するのであれば備えておきたい補償が用意されています。

 
ただしこの保険は対象となる車種が決まっています。一般の人が日常で使用する車種はほとんどカバーされていますが、すべての車種が対象ではないので、事前に保険会社に確認しておかなければいけません。またさほど頻繁に車を運転することがないのであれば、一日単位で契約できるタイプの自動車保険も検討する価値があります。

人の車を運転する場合は、1日自動車保険が便利です。

 

他人の自動車を運転するとなると、自動車保険に加入している本人が運転するわけではありませんので、自動車保険が通常は効きません。

 

もしも事故を起こしてしてしまった場合、自動車保険会社も支払いをすることはありません。

 

自動車保険には記入された本人や、またはその家族など、予め記入されている人でないと保険金を受け取ることができないというルールができているのです。

 

そのため、1日自動車保険に加入しておくことをおすすめします。

 

1日自動車保険とは文字通り、1日単位で自動車保険に入ることができるものです。

 

主にドコモなどが行っているものが有名で1日数百円程度のものです。

 

その値段でもしもの時のための自動車保険に耐える事ができるのですから、旅行などで友人の自動車を借りるなど、長期的に自動車を借りる予定がある人はこうした1日自動車保険に入っておくことをおすすめします。

 

他人の自動車を借りて、そこで破損してしまうと、人間関係にも影響してきます。

 

また、弁償するにしても多額のお金が必要になります。

 

しっかりとした自動車保険対策を行っておくことは、人間関係を良好にするためにも、必要なことです。

仕事のためには会社が所有する公用車を利用すべきところ、巡回業務が多く公用車の台数が不足するなどの理由により、やむを得ず職員の自家用車を利用している場合があります。このような持込車両制度を採用している会社の場合には、ガソリンの給油や故障修理などの費用負担、交通事故が起きたときの保険の取扱いなどについての会社規定を設けていますので、事前によく確認しておく必要があります。

 
こうした規定の中では、車両手当として、1キロメートルあたりの単価を定めて、実際に業務で稼働した分だけのガソリン代を支給することのほか、業務使用中に発生した自動車のき損については、公用車に準じて修繕費を会社が負担するなどの取り決めがあるケースが多いとみられます。

 
また、業務中の事故で第三者に被害を与えた場合には、会社が自動車保険の保険金請求権を代位取得し、公用車の事故に準じて会社が責任を持つなどの取り決めがあるかどうかも重要です。いざというときに保険金の請求手続きを誰が行うかに関わってきます。なお、自家用車の自動車保険を契約するにあたっては、契約車の使用用途を申告するのが通例ですので、持込車両制度により業務使用する場合には、事故の補償が受けられるように「業務」として申告しておく必要もあります。
a1180_003879
 

自営業など仕事で自家用車を使用することが多い場合、車を運転する機会も、運転する時間も、一般の人に比べてはるかに多くなります。このことはすなわち、交通事故に遭遇する可能性が通常よりも高くなるということになりますので、自動車保険についても補償を手厚くしておく必要があります。

 
また注意しなければいけないのは保険の内容ばかりではありません。自動車保険は契約時に使用目的を確認するのが一般的ですが、この使用目的が業務使用になっていない場合は保険金が支払われなくなる可能性があるのです。特にすでに自動車保険に加入している状態で、途中から自家用車を仕事に使用し始めている場合は、速やかに保険会社に対してその旨を申告しなければいけません。日常やレジャーなどでの使用と、仕事など業務で使用する場合では、自己のリスクも異なるので保険料も違いがでます。したがって使用目的が異なった状態のままでは、いざという時に告知義務違反や通知義務違反に問われてしまうのです。

 
また会社によって自動車の利用規約が定められている場合は、事故が起きた場合の保険の取り扱いや修理費用について詳細に決められていることがありますので、事前にしっかり確認しておく必要があります。

自動車保険には使用用途によって保険金が支払われない場合があります。

 

ただそれは一定の使用目的に使うと保険金が支払われないという場合ではありません。

 

業務用に使っているのに、家庭用と偽るようなケースの場合です。

 

自動車保険は、業務用と家庭用で、支払金額が違います。

 

それだけ走行距離も違います。段違いの営業に使った車の方が走行距離が高いでしょう。
 

走行距離が高いという事は、事故に遭う確率も高くなっているということになりまさす。

 

そうした約款をよく読まずに契約をしてしまうとせっかく自動車保険に入って保険料を納め続けていても、いざという時に保険が下りないケースがあります。

 

自動車保険には嘘の記述をした場合、契約を破棄できるという記述が必ずなされています。

それに該当するとして保険契約を破棄されてしまって、保険金が支払われないケースがあるのです。

 

自動車保険は細部までしっかり読んで、そして正しい記入をしましょう。

ばれないだろうと思って嘘の記述をすると、後で厳正な調査のもと、支払われないといった状況になります。

 

自動車保険会社を甘く見ない方がいいでしょう。

 

使用目的をはっきりと記入して、そのプランに沿った自動車保険に入ることが大切です。

仕事で自家用車を使用するということもあるかと思います。

 

主に営業職に就いている人はそうしたことになりやすいかと思います。

 

しかし、それはかなり悪い方向へ進んでいます。

何故ならば、仕事で自動車を使う場合は、全て営業用の車となり、通常の保険では保険の対象外であることが多いからです。

ちなみに通勤などに使う場合は、営業用とはなりません。あくまでも会社へ向かっている、もしくは自宅に向かっていくために使うものであって、業務で使っているわけではないからです。

 

しかし、業務として車を使ってしまっている場合には、営業用の自動車となります。

こうした場合、しっかりと自動車保険対策を行っておく必要があるでしょう。

家庭用の自動車保険と、業務用の自動車保険は、自動車保険として別個にわけられています。

そうした場合、きちんと業務用の自動車保険に入っておくことが必要になります。

営業職の人は自分の車を使わされて営業に出かける事も多いのではないでしょうか。

そうした際に忘れがちなのが、この業務用自動車保険の対策です。

それをしていないと無保険で車を乗っているのと、同じようなものとなっています。

かなり危険な状態で運転をしていることになるのです。